設立時に必要なもの

会社設立時に必要となる費用や書類についてご案内します。

 

株式会社の設立費用

こちらの費用はお客様ご自身が行った場合についても最低限かかる設立費用です。

尚、定款認証を電子署名により行う場合は定款印紙代40,000円は不要になります。

 

  • 定款認証手数料…50,000円:定款認証のため、公証役場で支払う手数料です。
  • 認証後定款取得費…約2,000円:公証役場で認証した定款の謄本を取得する費用です。
  • 定款印紙代…40,000円:電子定款の場合は不要です。
  • 登録免許税:150,000円:法務局で設立登記申請を行う際に支払う費用です。

 

この他、会社代表印の作成費や印鑑登録証明書の取得費等雑費がかかります。

 

必要書類等

□会社代表者印 (実印とよばれるものです)

□発起人、取締役、監査役になる方の印鑑登録証明書(役職により住民票をご提出いただく場合もあります)

□発起人、取締役になる方の実印

□代表者になる方の身分証明書の写し(運転免許証等)

 

(発起人が法人の場合)

□法人の登記事項証明書(登記簿謄本)

□法人の印鑑登録証明書

 

監査役になる方の印鑑登録証明書は手続き上不要ですが、当事務所では就任意思を確認するため、監査役の方も取得を推奨しております。