資本金の決め方

以前は株式会社を設立するには1,000万円以上必要とされていましたが、現在は1円から設立しても良いことになっていますので、資本金額をどれくらいにしようかと悩む方も多いかと思います。いくら1円でもよいとは言っても、あまり低い資本金ですと設立後の運転資金の捻出や、対外的な信用にもやや不安が残りますので、以下のようなポイントを考えて決定されることをお勧めします。

■設立後の運転資金

資本金は設立後、会社の運転資金として使用することができます。ずっと会社にプールしておかなければならないものではありません。

設立時には最低公的資金が20万円程度、その他雑費で5~10万円程度かかりますので、最低限設立時に必要な費用を賄えるだけの金額を考え、資本金を決定する一つの目安にするのもよいでしょう。

 

■許認可事業の要件

事業を行うためにはあらかじめ諸官庁で許認可を取る必要があるものもありますが、この中には許可の条件として最低資本金額を定めているものがあります。

代表的なものとしては、有料職業紹介事業では500万円、一般人材派遣業では2,000万円が最低資本金として定められていますので、これ以下の資本金では許可を得ることができません。

設立前に、ご自身がこれから行おうとする事業の許認可要件に最低資本金要件が定められていないかを必ず確認してください。

 

■外国人の方が設立する場合

外国人の方が会社を設立・運営する場合には、永住者等身分に基づくビザをお持ちでない限り、経営管理ビザを取得する必要があります。

経営管理ビザの取得には「経営を左右できる程度の投資をしていること」を証明する必要があり、この金額は最低500万円程度とされていますので、外国人の方が会社を設立する場合は資本金額を500万円以上にすると、この証明にもつなげることができます。