外国人の雇用

日本にいる外国人の方すべてが働くことができるビザを持っているわけではありません。

 

もし働くことができないビザの外国人を雇ってしまうと、本人だけでなく雇用主も罰せられる可能性がありますので十分注意する必要があります。

■日本にいる外国人を採用する場合の注意点

まず、既に日本にいる外国人を採用する際には、まず①適切なビザを持っているか②その持っているビザで自分の会社で働くことができるかどうかを確認する必要があります。

働くことができる在留資格を持っているかどうかは、その外国人の方のパスポート在留カードで確認することができます。 

 

■在留カードの交付で、就労の可否の判断が容易に

新しい在留管理制度がスタートし、外国人の方の身分証明書として在留カードが交付されることになりました。

 

①まずは表面、「就労制限の有無」を確認

在留カードの表面を見ると、中央に「就労制限の有無」について記載している欄がありますので、ここで就労の可否を確認します。

合わせて、在留期限やカードの有効期限も確認しましょう。

 

②「就労不可」だった場合は、裏面を確認

就労不可となっていた場合で、裏面の「資格外活動許可」の欄に

・「許可(原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く)」
・「許可(資格外活動許可書に記載された範囲内の活動)」

といった記載がある方は、制限付で就労することができます。(例:留学生がアルバイトを許されている場合など)

ただし、就労時間や就労場所に制限がありますのでご注意ください。

ダウンロード
在留カードの確認方法(法務省入国管理局より)
在留カードの見本、就労の可否の確認方法について解説しています。
fuhoushurou (1).pdf
PDFファイル 3.0 MB