オークションと許認可

Q.インターネットオークションでお酒を販売したいと思います。オークションだったら、酒類販売免許を取る必要ないですよね?

A.継続的に販売し、事実上、業として行うのであれば、免許が必要です。

 

手軽に売買が成立し、副業としても人気が高いネットオークション。

 

しかし、オークションと言っても継続して大量に販売し、事実上業として販売する場合、販売に免許が必要な対象物を売るのであれば、免許を取得しなくてはなりません。

お酒を販売するためには酒類販売免許を持っていなくてはなりませんが、ネットオークションで販売を行う場合は、通信販売酒類小売業免許というインターネット販売専用の免酒類販売許を取得する必要があります。

 

免許を取得せず、ネットオークションで繰り返し販売、摘発に繋がる事例は、実はかなり多いのです。

 

家庭で不要になった数本を売る程度であれば免許は必要ありませんが、繰り返し行い、事実上業となってしまう場合には、あらかじめ免許を取得してください。

また、オークションでも許認可取得の必要があるのは酒類販売に限ったことではありません。たとえば転売目的でものを購入し、ネットオークションにかけるには古物営業許可を取得する必要があります。

 

「古物」というと既に使われたものを連想しますが、ここには使用されていないものであっても、「使用することを目的に取引されたもの」も含まれます。

簡単に言うと、使用されているかどうかではなく、使用目的で取引されたかどうかによって古物に当たるかどうかに分かれます。

 

古物営業法違反で摘発が多いのが、アイドルのコンサートチケットを購入してネットオークションで大量にさばく、といった事例。

自分が使っていたもの、いらなくなったものをオークションにかけるのであれば免許は必要ありませんが、最初から転売目的で古物を買って持っているのであれば許可が必要になります。

 

オークションや通販のような無店舗販売であっても、売買をする以上店舗販売と同様の義務と責任があるのです。