会社が出資者になる場合

Q.資本金を出資するのが会社です。何か用意するものはありますか?

A.出資する会社の登記簿謄本・印鑑登録証明書が必要です。

 

資本金を出資する人(=発起人)は、個人だけでなく法人でも可能です。

 

通常、個人が出資者になる場合はその方の実印と印鑑登録証明書を用意しますが、会社が出資者になる場合はその会社の代表印と印鑑登録証明書、登記簿謄本が必要になります。

尚、個人の印鑑登録証明書は市区町村役場で取得しますが、法人の印鑑登録証明書は法務局で取得することになります。

 

また、法人が発起人となる場合には、発起人になる会社と、新たに設立する子会社の事業目的が関連していることが求められます。

これは、法人に認められている権利能力はその法人の事業目的の範囲内に限定されているためであり、目的の一部でも良いので、発起人になる会社と同種の事業を掲げることが必要です。