帰化と永住ビザの違い

帰化と永住は似ているので混同されがちですが、次のような違いがあります。

 

  • 帰化:外国人の方が、日本の国籍を取得し、日本人になること。
  • 永住:外国人の方が、国籍はそのままで、在留期限のない永住ビザを得ること。

 

永住ビザの場合、在留期限はありませんが日本人になるわけではないので、長期間海外に行く場合には再入国手続きを取る必要があります。参政権もありません。

 

帰化の場合は、日本人になるので、再入国手続きの必要はありません。参政権もあります。

代わりに、日本人になったので、以前の母国に入国するには、渡航手続きをする必要があります。

 

永住ビザの申請は入国管理局で行いますが、帰化の申請は法務局で行います。