建設業許可業種区分に「解体工事業」が新設

「建設業法の一部を改正する法律(平成26年法律第55号)」(平成26年6月4日公布)による改正建設業法が平成28年6月1日に全面施行されます。

これに伴い、建設業許可業種区分に「解体工事業」が新設され、500万円以上の解体工事を施工する場合は、「解体工事業」の許可が必要となります(※経過措置有)。

尚、経過措置として、施行日時点で「とび・土工工事業」の許可で解体工事業を営んでいる建設業者様については、施行日から3年間(平成31年5月末日まで)は、解体工事業の許可を受けなくても、解体工事業を営むことが可能ですが、引き続き解体工事業を行う場合には許可の取得が必要です。